地球や大気圏などに関しまして勉強していました

エアーなどにおいて受講しました。地球エアーのほとんどは高度50kmまでの範囲にあり、これは地球の半径の130分の1ほどだ。最下層の対流圏では、エアーミドルの水が大きな役割を果たしていらっしゃる。毎日の気象の変化は対流圏エアーの実行の走りであり、風の音はその実行そのものです。エアーミドルの水はガス・液体・固体という体調を変えて雲として多雨やスノーとして、その過程でばく大な労力を吸収しあていらっしゃる。地球を取り巻くエアーのカテゴリーを大気圏といいます。地球のエアーは上空に行くによって徐々に希薄になり、宇宙空席へというつながっていきます。地球のエアーの組成の大部分は窒素と酸素だ。高度約80kmまでは滅多に変化していません。これは、こういう範囲のエアーを構成する原子・分子が常に運動していて可愛らしく混ざり合っているためだ。スチーム数量は、地表周囲で1〜3%クラスだ。このようなことを勉強していましたが、知らなかったことがなかなかあったので知れて良かったです。ミュゼ100円だけ