きのう、仕事中の事態だ。自転車同士の激突が凄まじかっただ。

 前日ですが営業に突然なりました。あなたの組織の申込での変換経路を今月にしないと金や用件が以前と違うプレゼントになってしまうので。Hオフィスの代表という経路をしなければなりませんでしたが、H代表は身寄りが亡くなられたりして愛知の方に始終行ってあり経路できませんでした。おとついの夜に帰ってきて「すぐ経路目指す。クライアントの組織といった再度。週末に来れんか?」というこちらは断る事由もなくチーフにストーリーしたら許認可が下りました。本当は肉親といった遊戯に行ったりプレゼントしなければなりませんでしたが、これも肉親って赴きるためにと済む聞かせ出勤しました。H代表の組織に行き経路をし約1時間ほどで問題なく無事に終了しました。その後はH代表と余談等々をし組織を出ました。H代表は会社で新たに購入したクルマと設備が外におけるので見せて説明してくれました。昼前とはいえ暑くフィーバーもあり太陽の日光が熱かっただ。設備を見ながら話しているという私達の前に20勘定ぐらいの若い男性が黒のBMXの自転車で飛ばして行きました。「エラい早さです!」ってH代表は驚いてました。確かに凄まじい速さでした。そんなふうに言い終わった後、バーンという酷い響が聞こえました。こちらってH代表は驚いて響の方を見ると向かってきた40勘定のやつの読み込みバイクってぶつかって双方土壌のアスファルトに叩き付けられてました。BMXは前輪がグチャグチャで握りがありえないほど曲がってました。読み込みバイクはタイヤが飛びて転がって赴きフレームもあり得ないぐらいねじ曲がってました。漫才かと思いました。20勘定の父親の色眼鏡は割れ頬から血液が出てました。読み込みバイクの親仁のやつは「肩が辛い!」と呻いていました。「わし、至急クルマという警察呼んでやり遂げる。」という携帯で呼びだししました。こちらは倒れた二人の元へ行きました。読み込みバイクの男性が「よそ見して前文見てないからこうなるんだよ!」といった痛みに持ち堪えながら怒ってました。BMXの父親も「あんたもひととき停止しないででてきただろう!」といった膝の痛みに堪えながら起き上ろうとしてましたが随分立ち上がれませんでした。ゆくゆく警察という至急クルマが来ました。ミッシリ外に出て洗車を通していた若々しい男性が一部始終見ていて警察の方に実情を説明してました。後から聞きましたがBMXの男性が完全によそ見を通して前の読み込みバイクの男性に突っ込んで行ったそうです。ちなみに読み込みバイクの男性はひととき免除を通してたとの事でした。悶絶して倒れておる二人に巡査が実情を聴いて2客席きた至急クルマに運ばれていきました。こちらはH代表という近所のやつって散らばった自転車の残骸をお手上げなどで片づけました。H代表の組織にひとまず差し置くって決まったので壊れた自転車を見てこれからこれは乗れないだろうと思いました。衝撃でのけがは自転車だけでなくクルマにも呼べる要素。気を付けなければいけないと思いました。H代表の組織から辞するのと昼前の営業が加工や実情聴取で私もツイートを聞かれたので通常自社に帰ってきたのは14折でした。昼食を食べ損ねてしまいました。そしたら至急帰りました。前日はそういった体験がありました。http://www.imagisphere.org/myuzehiza.html